認定農業者制度について

認定農業者制度

認定農業者制度は、農業経営基盤強化促進法に基づき、市町が地域の実状に応じて効率的・安定的な農業経営の目標などを内容とする「基本構想」を策定し、この目標を目指して農業者が作成した「農業経営改善計画」を認定する制度です(計画を認定された 方が「認定農業者」です)。
農業経営改善計画は農家のみなさんが、自分の夢を数字に表し、将来の経営の姿を明確にするものです。




農業経営改善計画に記載する内容

  • 経営規模・作付内容(どんな作物をどのくらいの面積で作るのかなど)
  • 生産方式をどのように合理化するか (新技術、機械の導入による省力化など)
  • 経営管理をどう高度化するか (複式簿記による記帳など)
  • 就業条件をどう改善するか (休日制、給料制の導入、社会保険の加入など)

認定農業者になれば、経営改善に必要な資金を借りることができるなど、様々なメリットがあります。農業経営改善計画の作成、認定の申請などについては、市町農政担当課にお問い合わせください。

 

PDFファイルをご覧頂くには、アドビ社 Adobe Readerが必要です。Adobe Readerは、以下のリンク先より無料にてダウンロード頂けます。

Adobe Readerのダウンロード