Q34 個人から法人への資産の引継をする場合、譲渡所得税、消費税がかかると聞きましたがどのような制度ですか。

1 譲渡所得税
資産の引継にかかる譲渡所得税の対象は以下のとおりです。

資 産 評価の基本 課  税 備  考
土地 時価 譲渡所得税
(800万円控除あり)
貸借が望ましい
※金額未確認
建物 簿価 (実質非課税) 貸借でもよい
機械 簿価 (実質非課税) 1台10万円以上
構築物 簿価 (実質非課税) 貸借でもよい
大家畜
小家畜
簿価
取得価額
(実質非課税) 損金算入
大植物 簿価    
未収穫農産物 取得価額    
棚卸品 最終仕入れ価格 非課税 損金算入
未収金(売掛金) 残高証明書 非課税 原則引継
預金 残高証明書 非課税 必要に応じ引継
負債 残高証明書 非課税 資金使途に応じ引継

2 消費税
引継資産のうち、譲渡扱いのものは個人の売上として消費税がかかります。個人が課税事業者であれば、引継に際して消費税を含めた計算が必要となります。特に畜産など、法人化に際して多額の棚卸資産を譲渡する場合には注意が必要です。
一方、法人側は、資本金が1000万円未満であれば、設立後2年間は免税業者となります。

 

PDFファイルをご覧頂くには、アドビ社 Adobe Readerが必要です。Adobe Readerは、以下のリンク先より無料にてダウンロード頂けます。

Adobe Readerのダウンロード