Q53 集落営農組織を法人化する場合の課題 サラリーマン(兼業農家)で構成している集落営農組織を法人化する場合、どのような課題がありますか。

集落営農組織を法人化し農業経営を行う場合、特に農業生産法人要件との整合性が課題となります。集落営農組織の構成員のほとんどがサラリーマン世帯である場合、農業生産法人要件に留意して構成員(出資者)や役員を決定することが必要です。
また、その他の課題としては、農事組合法人を選択した場合の労災保険との関係、さらに経理体制や生産管理面での課題があると考えられます。
集落営農組織を法人化する場合、以下のような課題をどのようにクリアしていくかをあらかじめ組織内で十分検討することが必要です。

 

PDFファイルをご覧頂くには、アドビ社 Adobe Readerが必要です。Adobe Readerは、以下のリンク先より無料にてダウンロード頂けます。

Adobe Readerのダウンロード