山口県集落営農法人連携協議会からのお知らせ

「農作業安全とマネジメント学ぶ」“第1回役員向け研修会”を開催

山口県集落営農法人連携協議会は8月24日、県JAビルで「平成30年度 第1回役員向け研修会」を開きました。会員法人(34法人43人)や関係機関などから58人が出席しました。

 

はじめに、中村久会長が「本日は農作業の安全と役員の義務と責任という2つのテーマの研修。熱心に受講してください」とあいさつ。

 

研修では、山口県農林水産部農業振興課から農作業事故の実態とその要因についての報告があり、その後、労働安全衛生コンサルタントの厚東哲郎氏が「企業経営における労働安全衛生コンサルタント」と題して企業が守るべき労働災害防止の取組みについて説明しました。

 

また、農研機構 革新工学研究センターの皆川啓子研究員は「農業は日本で最も命がけの仕事である」と話し、農作業の現場改善に関して今後の安全対策の考え方を紹介。(一社)全国農業改良普及支援協会の副島陽一参与はリスクカルテを紹介するとともに、その活用方法を説明。「ぜひ“私たちの農作業安全宣言”をしてほしい」と呼びかけました。

 

一方、役員の果たすべき役割に関して、コンプライアンス(法令遵守)について研修したほか、JA山口中央会 総合対策部の吉武悟志次長が農事組合法人の理事の責任と義務について報告しました。

 

 

“村岡嗣政山口県知事と法人協との懇談会”を開催

 山口県県集落営農法人連携協議会は8月3日、長門市油谷の浅井自治会集会所および油谷湾温泉ホテル楊貴館で、村岡嗣政山口県知事との懇談会を開催しました。
 はじめに、浅井自治会集会所で長門大津地区農業法人連絡協議会の末永孝義会長が同地区の集落営農法人の取組みについて6次産業化やブランド米などを紹介、また、集落営農法人連合体である株式会社長門西の取組みを同社の窪田進代表取締役が報告しました。

 次に、若者が積極的に集落営農法人の活動に参加していることが紹介され、同社の専任従事者、花岡輝彦さんがドローン操作などを説明、萩原立己さん、健士郎さん兄弟がドローンによる散布の実演を披露しました。
 その後、「法人間連携の取組等による経営強化」、「担い手の確保・育成」の2項目について意見交換を実施。同地区のブランド米「米づくり農家の自信作」、「粒美人2.0」や「はなっこりー天」の試食も実施しました。
 協議会の中村久会長は、「農業情勢はますます厳しくなるが、われわれは集落の力を結集し、難局を乗り切っていきたい。県など関係機関には積極的な提案・支援をいただきたい」と呼びかけました。

また、村岡知事は「現場の状況やニーズに応じた、きめ細やかな支援が重要と考えている。地域のリーダーである皆さんの忌憚のないご意見、ご提言を賜りたい」とコメントされました。
最後に知事を囲んだ記念撮影を行い、懇談会を締めくくりました。

法人協議会だより(第53号)を更新しました。

法人協議会だより(第53号)を更新しました。

こちらからご覧下さい。

「若手農業者の確保を」“平成30年度 総会・研修会”を開催

山口県集落営農法人連携協議会は4月26日、県JAビルで「平成30年度(第10回) 総会・研修会」を開きました。会員法人や関係機関などから150人が出席し、30年度活動計画などを決定しました。

 

 

はじめに、中村久会長が「法人間連携の強化による経営の効率化など、若手農業者を確保でき、厳しい経営状況を乗り越えていける体制の構築を目指したい」とあいさつ。

 

来賓の山根信之山口県農林水産部長は「生産から暮らしまで幅広く受入体制を整備し、「担い手支援日本一」対策をさらに充実していく」、JA山口中央会の金子光夫会長も「これまで以上に組織の総力を挙げ支援していく」とそれぞれあいさつされました。

 

議事では、第1号議案から第4号議案のすべてが満場一致で採択されました。

 

また、平成29年度集落営農法人優良経営体表彰において、県知事賞を受賞された農事組合法人ファーム17(JA山口宇部管内)など3法人が表彰されました。

 

【県知事賞】   農事組合法人ファーム17 (JA山口宇部管内)
【中央会会長賞】 農事組合法人石城の里 (JA南すおう管内)
【協議会会長賞】 農事組合法人大吉部 (JAあぶらんど萩管内)

 

一方、研修会では、県知事賞を受賞された農事組合法人ファーム17の野村文雄代表理事が事例発表された後、東京大学大学院の安藤光義教授がこれからの集落営農法人のめざすべき方向性について講演されました。

 

 

法人協議会だより(第52号)を更新しました。

法人協議会だより(第52号)を更新しました。

こちらからご覧下さい。

法人協議会だより(第51号)を更新しました。

法人協議会だより(第51号)を更新しました。

こちらからご覧下さい。

百姓錬磨の会が「スマート農業」について学びました

山口県集落営農法人連携協議会の若手法人就業者サークル“百姓錬磨の会”のメンバーは、2月7日、山口市の山口県農林総合技術センターで開かれた「スマート農業研修会」に参加しました。

「スマート農業」とは、ICTやロボット技術を活用して省力化や多収・高品質生産を実現しようというもの。同センターで開発が進められているICT等を活用する新技術の紹介を通じて「スマート農業」への理解を深めました。

はじめに、同センターの概要を紹介。同センターのうち、試験研究などを担う農業技術部、農業試験場は1896年(明治29年)に設立されたことなども紹介されました。

次に、「ICTを活用した酒米の栽培システムの研究」をテーマに報告があり、県内の4つの集落営農法人に現地実証ほ場を設置し、自動給水装置による試験などを実施し、栽培技術の見える化に取り組んでいることが強調されました。

また、「ICTを活用したハウス統合環境制御と仲間づくり」と題しての報告では、イチゴの大規模ハウス群におけるユビキタス環境制御システムでの温度・潅水管理によるイチゴの増収効果の研究成果が披露されました。

今回は、将来を担う若い農業者ばかりであり、熱心に質問する姿が見られました。今後もこうした機会を通じ、営農技術の向上や仲間づくりに貢献していきたいと思います。

法人協議会だより(第50号)を更新しました。

法人協議会だより(第50号)を更新しました。

こちらからご覧下さい。

法人協議会だより(第49号)を更新しました。

法人協議会だより(第49号)を更新しました。

こちらからご覧下さい。

“平成29年度 決算・総会研修会”を開催しました

山口県集落営農法人連携協議会は12月19日、県JAビルで「平成29年度 決算・総会研修会」を開催。集落営農法人の適切な決算処理、円滑な総会運営等を目的に開いており、会員法人や関係機関などから150人が参加しました。

はじめに、税理士法人維新の久保雅典税理士より、「決算処理」「税務」「確定申告」について分かりやすく説明いただきました。

続いて、㈱戦略経営サポートの石井富可志社会保険労務士から労務管理について「農事組合法人の設立・運営の手引き」に基づいてご説明いただきました。

また、JA山口中央会総合対策部から、農事組合法人模範定款例の改正などの情報も交えて総会運営・変更登記について説明。

最後に、「収入保険」について、山口県農林水産部団体指導室と山口県農業共済組合から情報提供がありました。

今後も、研修会・研究会を通じて、集落営農法人の経営の安定に向け、様々な支援をすすめていきます。