山口県集落営農法人連携協議会からのお知らせ

“平成29年度 決算・総会研修会”を開催しました

山口県集落営農法人連携協議会は12月19日、県JAビルで「平成29年度 決算・総会研修会」を開催。集落営農法人の適切な決算処理、円滑な総会運営等を目的に開いており、会員法人や関係機関などから150人が参加しました。

はじめに、税理士法人維新の久保雅典税理士より、「決算処理」「税務」「確定申告」について分かりやすく説明いただきました。

続いて、㈱戦略経営サポートの石井富可志社会保険労務士から労務管理について「農事組合法人の設立・運営の手引き」に基づいてご説明いただきました。

また、JA山口中央会総合対策部から、農事組合法人模範定款例の改正などの情報も交えて総会運営・変更登記について説明。

最後に、「収入保険」について、山口県農林水産部団体指導室と山口県農業共済組合から情報提供がありました。

今後も、研修会・研究会を通じて、集落営農法人の経営の安定に向け、様々な支援をすすめていきます。