山口県集落営農法人連携協議会からのお知らせ

“ソリマチ農業簿記を活用した会計処理研修会”を開催しました

山口県集落営農法人連携協議会は、7月4日、5日、6日の3日間、山口市のサンフレッシュ山口で“平成29年度ソリマチ農業簿記を活用した会計処理研修会”を開催しました。

県内各地の集落営農法人から、理事の皆さんをはじめ会計担当者の方など38名が参加。講師を務めたソリマチ株式会社 農業情報事業部の岩下リーダーによる説明のもと、実際にパソコンを操作しながら農業簿記への理解を深めました。


“ソリマチ農業簿記システム”は、簿記の知識に自信がない方でも扱うことができますが、経営感覚を養う上で一定程度の会計知識を備えておくことは大切です。今回の研修会では、システム操作に加え、簿記の基本的な考え方についても学習することができました。

農業簿記には商業・工業簿記には見られない特有な勘定科目等がありますが、今後も研修会の開催など知識習得の場を設定していきたいと思います。