担い手の確保・育成対策と、農地の有効活用による生産振興対策を一体的に推進する。

本県農業が厳しい現状や国農政の転換などの情勢に的確に対応し、持続的な発展による食料自給率の向上を実現するためには、集落営農法人など担い手を中心として農業構造を早急に確立し、農地の有効活用による生産の拡大と農業所得の増大を図る地域農業戦略の実践が急務であります。

 

このため、山口県水田農業改革推進本部機能のみを有した組織は解散し、山口県担い手育成総合支援協議会と発展的に統合することにより、関係機関の密接な連携のもとに、担い手の確保・育成対策と、農地の有効活用による生産振興対策等を一体的に推進する新たな県域体制を構築するため、平成23年7月14日に山口県地域農業戦略推進協議会を設立しました。

 

PDFファイルをご覧頂くには、アドビ社 Adobe Readerが必要です。Adobe Readerは、以下のリンク先より無料にてダウンロード頂けます。

Adobe Readerのダウンロード