集落営農法人や多様な担い手が確保され、これらの農業経営が効率化・安定化できるよう積極的に支援して参ります。

山口県では、農業従事者の減少・高齢化が著しく進展していることから、認定農業者や農業法人、新規就農者など、意欲ある農業者を中心に、幅広く農業の「担い手」を育成することが重要な課題となっています。

これらの中でも、従来から山口県では、集落のみんなで力を合わせて営農を行う「集落営農」を推進しており、近年、こうした組織が法人化した「集落営農法人」が重要な担い手として活躍してきているところです。

山口県地域農業戦略推進協議会は、集落営農法人や多様な担い手が確保され、これらの農業経営が効率化・安定化できるよう積極的に支援して参ります。

 

 

 

※「集落営農法人Q&A」及び「農事組合法人の設立について」のページについては、内容によっては近年の関係法令の改正が反映されていない場合がありますのでご注意下さい。

 

PDFファイルをご覧頂くには、アドビ社 Adobe Readerが必要です。Adobe Readerは、以下のリンク先より無料にてダウンロード頂けます。

Adobe Readerのダウンロード