食料自給率の向上を実現するため、集落営農法人など担い手を中心とした農地の有効活用による生産の拡大と農業所得の向上が図られるよう積極的に支援して参ります。

山口県では、農業生産額が昭和59年度のピーク時に比べ約半減していることから、農地の有効活用による生産振興対策の推進が重要な課題となっています。

こうした中、平成16年度から本県における自給率の向上、農地の有効活用による生産拡大並びに農業所得の増大の実現に向け取り組んで来ているところです。

 

山口県地域農業戦略推進協議会は、米の需給調整及び経営所得安定対策を活用した農業振興の円滑な実施と戦略作物や園芸作物等の作付け推進など担い手を核とした産地作りを積極的に支援して参ります。

 

PDFファイルをご覧頂くには、アドビ社 Adobe Readerが必要です。Adobe Readerは、以下のリンク先より無料にてダウンロード頂けます。

Adobe Readerのダウンロード